プライバシーポリシー

私達はあなたが私達の企業に興味を示したことを非常に嬉しく思います。 データ保護は、データ管理のために特に優先されます。 InitialCoinList.com のインターネットページの使用 InitialCoinList.comは、個人データを一切表示しなくても可能です。 ただし、データ主体が当社のWebサイトを介して特別なエンタープライズサービスを利用したい場合、個人データの処理が必要になる可能性があります。 個人データの処理が必要であり、そのような処理の法的根拠がない場合、当社は通常データ主体から同意を得ます。

データサブジェクトの名前、住所、電子メールアドレス、電話番号などの個人データの処理は、常に各国固有のデータ保護に従って、一般データ保護規則(GDPR)に準拠するものとします。に適用される規制 InitialCoinList.com このデータ保護宣言を使用して、当社の企業は、収集、使用、処理する個人データの性質、範囲、目的を一般の人々に通知したいと考えています。 さらに、データ主体には、このデータ保護宣言によって、権利が与えられている権利が通知されます。

コントローラとして、 InitialCoinList.comは、このWebサイトを通じて処理された個人データを最も完全に保護するために、数多くの技術的および組織的対策を講じています。 ただし、インターネットベースのデータ伝送には原則としてセキュリティギャップがあるため、絶対的な保護が保証されない場合があります。 このため、すべてのデータ主体が、電話などの代替手段を介して個人データを自由に私たちに転送することができます。

1。 定義

のデータ保護宣言 InitialCoinList.comは、一般データ保護規則(GDPR)の採用に関してヨーロッパの立法者によって使用されている用語に基づいています。 私たちのデータ保護宣言は、私たちの顧客やビジネスパートナーだけでなく、一般大衆にとっても読みやすく理解しやすいものでなければなりません。 これを確実にするために、私達は最初に使用される専門用語を説明したいと思います。

このデータ保護宣言では、とりわけ、以下の用語を使用します。

  • a)個人データ

    個人データとは、特定または識別可能な自然人(「データ主題」)に関連することを意味します。 識別可能な自然人とは、名前、識別番号、位置データ、オンライン識別子、または身体的、身体的、または身体的に特定された特定の要因などの特定の識別子を直接的または間接的に識別することができる者である。遺伝的、精神的、経済的、文化的、社会的アイデンティティーを含む。

  • b)データ対象

    データ主体は、識別されたまたは識別可能な自然人であり、その個人データは、処理を担当するコントローラによって処理されます。

  • c)処理

    処理、保存、適応または変更、検索、相談、使用、保管、編成、使用、頒布または他の方法で入手、整列または組み合わせ、制限、消去または破棄によって開示することができます。

  • d)処理の制限

    処理の制限は、将来の処理を制限する目的で、保存された個人データのマーキングです。

  • e)プロファイリング

    プロファイリングとは、自然人に関する特定の個人的側面を評価するために、特に仕事、経済状況、健康、個人的嗜好における自然人の業績に関する側面を分析または予測するための個人データの使用からなる個人データの自動処理利害、信頼性、行動、場所、または動き。

  • f)疑似化

    偽名化は、個人データを特定のデータ対象に帰することができないような方法で個人データを処理することです。その個人データは、識別された、または識別可能な自然人に起因するものではありません。

  • g)処理を担当するコントローラまたはコントローラ

    個人または法人、公的機関、代理人またはその他の団体の処理を担当するコントローラまたはコントローラー。単独でまたは他者と共同して、個人データの処理の目的および手段を決定する。 そのような処理の目的および手段は、連合または加盟国の法律、管理者、または連合または加盟国の法律によって指名される特定の基準によって決定されます。

  • h)プロセッサ

    プロセッサーは、コントローラーに代わって個人データを処理する自然人または法人、公的機関、代理店またはその他の団体です。

  • i)受信者

    受領者は、第三者であろうとなかろうと、個人データが開示されている自然人または法人、公的機関、代理店またはその他の団体です。 しかし、公的機関は、連合または加盟国の法律に従って、特定の調査の枠組みの中で個人データを受け取り、受領者とみなされないものとする。 それらの公的機関によるこのようなデータの処理は、適用されるデータ保護規則の遵守の対象となります。

  • j)第三者

    第三者は、自然人または法人、公的機関、代理店または団体であり、他方はデータ主体、管理者、プロセッサーおよびコントローラーまたはプロセッサーの直接の権限を有する人物です。

  • k)同意

    データ主体の同意は、声明または明白な肯定的な行為によって、データ被験者の希望に関する自由に与えられた、具体的で、情報に基づいた明白な指示であり、彼または彼女に関する個人データの処理に同意することを意味する。

2。 コントローラの名前とアドレス

一般データ保護規制(GDPR)、欧州連合加盟国に適用されるその他のデータ保護法、およびデータ保護に関連するその他の条項の目的で、

InitialCoinList.COM

178セントジョセフ

j0s1v0 ste-martine

カナダ

電話番号:5147704047

電子メール:support @ initialcoinlist.com

ウェブサイト:www.initialcoinlist.com

3。 クッキー

のインターネットページ InitialCoinList.comはクッキーを使用しています。 クッキーは、インターネットブラウザを介してコンピュータシステムに保存されるテキストファイルです。

多くのインターネットサイトとサーバーはCookieを使用しています。 多くのクッキーには、いわゆるクッキーIDが含まれています。 Cookie IDは、Cookieの一意の識別子です。 これは、WebブラウザまたはWebブラウザとして使用できます。 これにより、インターネットサイトとサーバーをブラウズして、個々のブラウザーとデータを区別することができます。 ユニークなクッキーIDを使用して特定のインターネットブラウザを認識し識別することができます。

クッキーの使用を通して、 InitialCoinList.comは、このWebサイトのユーザーに、Cookieを設定せずには実現できない、よりユーザーフレンドリーなサービスを提供することができます。

クッキーを使用することにより、当社のウェブサイト上の情報およびオファーは、ユーザーを念頭に置いて最適化することができます。 Cookieを使用すると、前述のとおり、当社のウェブサイトユーザーを認識することができます。 この認定の目的は、ユーザーが当社のウェブサイトをより簡単に利用できるようにすることです。 クッキーを使用するウェブサイトユーザは、ウェブサイトにアクセスするたびにアクセスデータを入力する必要はない。なぜなら、これはウェブサイトに引き継がれ、ユーザのコンピュータシステムに保存されるからである。 別の例は、オンラインショップのショッピングカートのクッキーです。 オンラインストアは、顧客がクッキーを介して仮想ショッピングカートに置いた記事を記憶する。

データ主体は、いつでも、使用されているインターネットブラウザを使用して当社のウェブサイトを通じてクッキーの設定を妨げる可能性があり、クッキーの設定を永久に拒否することがあります。 さらに、既に設定されているクッキーは、インターネットブラウザーや他のソフトウェアプログラムを通じていつでも削除することができます。 これは最も一般的なインターネットブラウザです。 データ対象が使用されているインターネットブラウザのクッキーの設定を無効にする場合、当社のウェブサイトのすべての機能が完全に使用できるわけではありません。

4。 一般的なデータと情報の収集

のウェブサイト InitialCoinListデータ主体または自動システムがWebサイトを呼び出すと、.comは一連の一般的なデータと情報を収集します。 この一般的なデータと情報はサーバーのログファイルに保存されます。 収集されるのは、(1)使用されているブラウザの種類とバージョン、(2)アクセスシステムが使用しているオペレーティングシステム、(3)アクセスシステムが当社のWebサイトに到達するWebサイト(いわゆる参照元)、(4)サブです。 - ウェブサイト、(5)インターネットサイトへのアクセス日時、(6)インターネットプロトコルアドレス(IPアドレス)、(7)アクセスシステムのインターネットサービスプロバイダ、および(8)その他の類似データ当社の情報技術システムへの攻撃の際に使用される可能性のある情報。

これらの一般的なデータや情報を使用するときは、 InitialCoinList.comは、データの主題に関する結論を導きません。 むしろ、この情報は(1)当社のウェブサイトのコンテンツを正しく配信するため、(2)当社のウェブサイトのコンテンツおよびその広告を最適化するため、(3)当社の情報技術システムおよびウェブサイト技術の長期的な存続を保証するために必要です。 (4)は、サイバー攻撃の場合に刑事訴追に必要な情報を法執行当局に提供します。 したがって、 InitialCoinList.comは、匿名で収集されたデータおよび情報を統計的に分析し、企業のデータ保護とデータセキュリティを向上させ、当社が処理する個人データに対する最適な保護レベルを確保することを目的としています。 サーバーログファイルの匿名データは、データ主体によって提供されるすべての個人データとは別に保存されます。

5。 ウェブサイトへの登録

データ主体は、コントローラのウェブサイトに個人データの表示を登録する可能性があります。 どの個人データがコントローラに送信されるかは、登録に使用されるそれぞれの入力マスクによって決定される。 ユーザーが入力した個人データは、コントローラーによって内部使用専用に収集され、保管されます。 コントローラは、コントローラに起因する内部目的のために個人データをも使用する1つ以上のプロセッサ(例えばパーセルサービス)への転送を要求することができる。

ウェブサイトに登録することにより、インターネットサービスプロバイダ(ISP)によって割り当てられたIPアドレスが使用される。 これは、弊社のサービスの悪用を防止し、必要に応じて、犯罪を調査することを可能にする唯一の方法です。 このデータの保存は、コントローラを保護するために必要です。 このデータは、データを渡す法的義務がない限り、または譲渡が刑事告発の目的に役立つ場合を除いて、第三者に渡されることはありません。

個人データの自発的表示とデータ主体の登録は、データ主体のコンテンツまたはサービスをコントローラが提供できるようにするためのものです。 登録者は、いつでも指定された個人情報を自由に変更することができます。

データコントローラは、できるだけ早くデータサブジェクトに格納されます。 さらに、データ管理者は、法的保管義務がない限り、データ主体の要求または表示で個人データを修正または消去するものとする。 コントローラの従業員の全体は、この点で連絡担当者としてデータの件名で利用可能です。

6。 ニュースレターの購読

のウェブサイト上で InitialCoinListユーザーには、当社の企業ニュースレターを購読する機会が与えられます。 この目的で使用される入力マスクは、ニュースレターがコントローラから注文されたときだけでなく、どの個人データが送信されるのかを決定します。

滞在期間の長さによって発生する InitialCoinList.comは、企業のオファーに関するニュースレターを使用して、定期的に顧客とビジネスパートナーに通知します。 企業のニュースレターは、(1)データ主体が有効なEメールアドレスを持ち、(2)データ主体がニュースレターの出荷を登録している場合にのみ、データ主体によって受信されます。 確認の電子メールは、法的な理由により、二重のオプトイン手続きで、ニュースレターの発送のために初めてデータ主体によって登録された電子メールアドレスに送信されます。 この確認Eメールは、データの件名であるEメールアドレスの所有者がニュースレターの受信を許可されているかどうかを証明するために使用されます。

登録時には、インターネットサービスプロバイダ(ISP)によって割り当てられ、登録時にデータセンターによって使用されるコンピュータシステムのIPアドレスと登録日時も保存されます。 このデータの収集は、後でデータサブジェクトの電子メールアドレスの誤用の可能性を理解するために必要であり、コントローラの法的保護の目的に役立ちます。

個人情報は、ニュースレターの一部として収集されます。 さらに、ニュースレターの購読者は、ニュースレターサービスの操作または問題の登録に必要である限り、電子メールで通知することができ、技術的状況が変化した場合には、 ニュースレターサービスによって収集された個人データは、第三者に転送されることはありません。 当社のニュースレターの購読は、い​​つでもデータの件名によって終了することがあります。 データの対象が船積みのニュースレターのために持っている個人データの保管に関する同意は、いつでも取り消すことができます。 同意を取り消す目的で、各ニュースレターに対応するリンクがあります。 また、いつでもニュースレターに電子メールを送信することもできます。

7。 ニュースレターの追跡

のニュースレター InitialCoinList.comにはいわゆるトラッキングピクセルが含まれています。 追跡ピクセルは、ログファイルの記録と分析を可能にするためにHTML形式で送信される、そのような電子メールに埋め込まれた小型のグラフィックです。 これにより、オンラインマーケティングキャンペーンの成功または失敗の統計分析が可能になります。 埋め込まれた追跡ピクセルに基づいて、 InitialCoinList.comは、電子メールがデータ主体によって開かれたかどうか、またいつ開かれたか、そして電子メール内のどのリンクがデータ主体によって呼び出されたかを調べることができます。

ニュースレターに含まれる追跡ピクセルに収集されたそのような個人データは、ニュースレターの発送を最適化するために、ならびに将来のニュースレターの内容をデータ主体の利益により一層適合させるために、コントローラによって記憶および分析される。 これらの個人データは第三者に渡されることはありません。 データ主体は、ダブルオプトイン手続きによって発行されたそれぞれの個別の同意宣言をいつでも取り消すことができます。 失効後、これらの個人データは管理者によって削除されます。 の InitialCoinList.comは自動的にニュースレターの受信からの撤退を失効と見なします。

8。 ウェブサイトからの連絡の可能性

のウェブサイト InitialCoinList.comには、企業との迅速な電子連絡を可能にする情報や、直接電子通信を行うための情報が含まれています。これには、いわゆる電子メールの一般的なアドレス(電子メールアドレス)も含まれます。 データ主体が電子メールまたは連絡フォームを介してコントローラに連絡すると、データ主体によって送信された個人データが自動的に保存されます。 データ管理者のデータ主体によって任意に送信されたそのような個人データは、データ主体を処理または連絡する目的で格納される。 この個人データを第三者に転送することはありません。

9。 個人データの定期的な消去とブロック

データ管理者は、保管目的を達成するために必要な期間、またはこれが欧州議会議員またはその他の立法者によって与えられている限り、データ主体の個人データを処理し、保管しなければならない容認。

保管目的が適用されない場合、または保管期間が欧州議員または他の管轄立法者によって規定されている場合、個人データは法的要件に従って定期的にブロックまたは消去されます。

10。 データ主体の権利

  • a)確認の権利

    各データの主体は、欧州議会からの通知を受ける権利を有するべきである。 データ主体がこの確認の権利を利用することを希望する場合は、いつでもコントローラの従業員に連絡することができます。

  • b)アクセス権

    各データの主体は、いつでも保存されている個人データとこの情報のコピーに関する欧州議員の情報にアクセスする権利を持つ必要があります。 さらに、欧州の指令および規制により、データ主体は以下の情報にアクセスすることができます。

    • 処理の目的。
    • 関連する個人データのカテゴリ。
    • 個人情報が開示された受領者または受領者のカテゴリー、特に第三国または国際機関の受領者
    • 可能であれば、個人データが保存される予定期間、または可能でない場合は、その期間を決定するために使用される基準。
    • 本稿では、個人データ処理のための新しい方法論を提案する。
    • 監督当局に訴えを提出する権利の存在。
    • 個人データはデータ主体から収集されない。
    • GDPの条22(1)及び(4)で言及さプロファイリングなど、自動化された意思決定の存在は、あると、関連するロジックだけでなく、意義について、少なくともこれらの例では、意味のある情報との帰結を想定しましたデータ対象のためのそのような処理を行います。

    さらに、データ主体は、個人データが第三国または国際機関に移管されるかどうかについての情報を入手する権利を有するものとする。 この場合、データの主体は、移転に関連する適切な保障措置を通知される権利とする。

    データ主体がこのアクセス権を利用することを希望する場合は、いつでもコントローラの従業員に連絡することができます。

  • c)整流の権利

    各データ主体は、過度の遅滞なく、欧州議会議員を統制官から得る権利を有するべきである。 処理の目的を考慮して、データ主体は、補足的な声明を提供することを含む、個人データの不完全な権利を有するものとする。

    データ主体がこの修正権を行使したい場合は、いつでもそのコントローラの従業員に連絡することができます。

  • d)消去権(忘れられる権利)

    各データ主体は、監督者の削除の個人データを取得するために欧州議会から受け取る権利を有するものとする。処理が必要でない限り適用されます。

    • 個人データは処理されるか処理されます。
    • データ対象処理の基礎とすることに同意を撤回GDP条6(1)の(A)を指すようによれば、GDPの条9(2)の点(A)があり、そして他の法的根拠が存在しない場合にされています処理のため。
    • GDPの条21(1)に従った処理対象データオブジェクトであり、処理のためのオーバーライド正当な理由が存在しない、それはデータ対象オブジェクトである処理に対してGDPの条21(2)に準拠しています。
    • 個人データは不法に処理されています。
    • 個人データは、コントローラが対象とする連合または加盟国の法律における法的義務を遵守しなければなりません。
    • 個人情報は、GDPR条8(1)に記載されている社会サービスの情報サービスに関連して収集されています。

    前述の理由の1つが当てはまり、データ主体が個人情報の保存によって保存された個人データの消去を要求したい場合 InitialCoinList.com、彼または彼女は、いつでも、コントローラーの任意の従業員に連絡することができます。 の従業員 InitialCoinList.comは速やかに消去要求が遵守されていることを確認するものとします。

    管理者が個人データを公表し、個人データを消去することを第17条(1)に従う義務がある場合、管理者は、利用可能な技術と実施の費用を考慮して、技術的手段を含む合理的な措置を講じなければならない。処理を必要としない限り、データ主体がこれらの個人データへのリンク、またはそれらの個人データのコピーまたは複製を消去するよう要求した個人データを処理するコントローラー。 の従業員 InitialCoinList.comは個々の場合に必要な措置を取ります。

  • e)処理の制限権

    各データ主体は、以下のいずれかに該当する場合には、欧州議会議員から処理の制限を受ける権利を取得する権利を有する。

    • 個人データの正確さは、コントローラが個人データの正確性を検証することを可能にする期間、データ主体と競合する。
    • 処理は違法であり、データ主体は個人データと要求に反対します。
    • コントローラは処理の目的ではもはや必要ではないが、法的主張の確立、行使または防御のために確立されるべきデータによって要求される。
    • データ主体は、GDPR第21条(1)に従い、データ主体の合法的根拠を検証するまで、データ主体の正当な理由が検証されるまで、処理を拒否した。

    前述の条件の1つが満たされていて、データ主体が個人情報の保存先に保存されている個人データの処理の制限を要求したい場合 InitialCoinList.com、彼または彼女はいつでもコントローラーの従業員に連絡することができます。 の従業員 InitialCoinList.comは処理の制限を調整します。

  • f)データの移植性

    各データ対象は、ヨーロッパの議員によって付与された権利を有するものと一般的に使用され、構造化および機械可読フォーマットで、コントローラに提供されたハム、それをすべて、個人に関するデータを受信します。 処理がポイントに基づき同意に基づいているように、彼または彼女は限り、個人データが提供されているようにコントローラから支障なく、別のコントローラにそれらのデータを送信する権利を有する(a)の条6(1)ののGDPは、彼が契約上の点に基づきだ、GDPの条9(2)の一点(a)は(b)であるGDPの条6(1)のであり、処理は、限り、自動化された手段によって行われています処理は、公共の利益のためにまたはコントローラに帰属職権の行使で行われるタスクのパフォーマンスのために必要ではありません。

    Furthermor、それを感じ行使で、データ主体は別の、どこ技術的に実現可能な1つのコントローラからEorope送ら個人データを持っている権利を有するものとされるすべての権利データの可搬性にGDPの条20(1)に準拠しているとやったときにそうしません悪の自由と他人の権利に影響を与えます。

    データの移植性に関する権利を主張するために、データの主体はいつでも、次のいずれかの従業員に連絡することができます。 InitialCoinList。com。

  • g)反対する権利

    各データ主体は、欧州連合(EU)の立法者によって保護される権利を有し、 )のGDPR第6条(1) これは、これらの規定に基づくプロファイリングにも適用されます。

    滞在期間の長さによって発生する InitialCoinListデータ主体の利益、権利、自由を無効にする処理、または法的請求の確立、行使、または擁護のために説得力のある正当な根拠を証明できない限り、.comは異議があった場合に個人データを処理しません。 。

    もし InitialCoinList.comはダイレクトマーケティング目的で個人データを処理します。データ主体は、そのようなマーケティングのために彼または彼女に関する個人データを処理することにいつでも反対する権利を有するものとします。 これは、そのようなダイレクトマーケティングに関連している範囲でプロファイリングに適用されます。 データの主語が InitialCoinListダイレクトマーケティングの目的のための処理、 InitialCoinList.comはこれらの目的のために個人データを処理しなくなります。

    さらに、データ主体は、自分の特定の状況に関連して、自分自身に関する個人データの処理に反対する権利を有します。 InitialCoinList科学的または歴史的な研究目的のため、あるいはGDPRの第89条(1)に従った統計目的のため。ただし、公共の利益のために行われる任務の遂行のために処理が必要な場合を除く。

    異議を申し立てる権利を行使するために、データ主体は InitialCoinList.com さらに、データ主体は、情報化社会サービスの使用の文脈においては自由であり、指令2002 / 58 / ECにもかかわらず、技術仕様を使用して自動化された手段によって異議を申し立てる権利を使用します。

  • h)プロファイリングを含む、個別の意思決定の自動化

    各データ主体は、欧州議会が自動的に処理(プロファイリングを含む)に基づく決定を受けることができないようにする権利を有するものとし、これに関連する法的効力を生じさせるか、 (1)は、データ主体とデータコントローラとの間の契約を締結するために必要ではなく、(2)は、コントローラが対象とする連合または加盟国の法律によって許可されておらず、データ主体の権利と自由と正当な利益を守るための適切な措置を講ずるか、(3)はデータ主体の明示的同意に基づいていない。

    決定(1)がデータ主体とデータ管理者との間の契約の締結または履行に必要である場合、または(2)データ主体の明示的な同意に基づく場合 InitialCoinList.comは、データ主体の権利、自由、および正当な利益を保護するために適切な措置を講じ、少なくとも管理者側で人間の介入を得る権利を得て、彼または彼女の見解を表明し、決定に異議を唱えるものとします。

    データ主体が自動化された個人的な意思決定に関する権利を行使したい場合、彼または彼女は、いつでも、その従業員に連絡することができます。 InitialCoinList。com。

  • i)データ保護の同意を取り消す権利

    各データ主体は、いつでも自分の個人情報に同意することを撤回するための欧州法令を受ける権利を有するべきである。

    データ主体が同意を撤回する権利を行使することを望む場合、彼または彼女は、いつでも、以下のいずれかの従業員に連絡することができます。 InitialCoinList。com。

11。 処理の法的根拠

アート。 6(1)が点灯しました。 GDPRは、特定の処理目的のために同意を得た処理業務の法的根拠として機能します。 個人データの処理が、データの主体が当事者である契約の履行のために必要である場合、例えば、処理操作が商品の供給または他のサービスを提供するために必要である場合のように、記事6(1)に基づいて点灯します。 b GDPR。 たとえば、当社の製品やサービスに関するお問い合わせの場合など、契約前の措置を講じるために必要な処理操作についても同様です。 当社は、納税義務の履行など、個人データの処理が要求される法的義務の対象となっていますか?その処理はArtに基づいています。 6(1)が点灯しました。 c GDPR。
ごくまれに、データ主体または他の自然人の重大な利益を保護するために個人データの処理が必要になることがあります。 たとえば、当社で訪問者が怪我をした場合、その氏名、年齢、健康保険データ、その他の重要な情報を医師、病院、その他の第三者に渡す必要があります。 それから処理は芸術に基づいているでしょう。 6(1)が点灯しました。 d GDPR。
最後に、処理操作は、記事6(1)に基づいている可能性があります。 f GDPR。 この法的根拠は、当社または第三者が追求する正当な利益の目的で処理が必要である場合を除き、上記の法的根拠のいずれにも該当しない処理業務に使用されます。個人データの保護を必要とするデータ主体の基本的権利および自由。 このような処理操作は、欧州の立法者によって特に言及されているため、特に許容されます。 彼は、データ主体がコントローラーのクライアントである場合には、合法的な利益があると想定できると考えました(リサイタル47センテンス2 GDPR)。

12。 コントローラまたは第三者が追求した正当な利益

個人情報の処理がArticle 6(1)litに基づいている場合 f GDPRは、当社の従業員および株主の幸福に有利な当社の正当な利益である。

13。 個人データを保存する期間

個人データの保存期間を決定するために使用される基準は、それぞれの法定保存期間です。 その期間の満了後、契約の履行または契約の開始のためにもはや必要でない限り、対応するデータは日常的に削除されます。

14。 法的または契約上の要件としての個人データの提供。 契約を締結するための要件。 個人データを提供するためのデータ主体の義務。 そのようなデータを提供できなかった可能性のある結果

個人データの提供は法律で部分的に義務付けられている(例:税法)か、または契約上の規定からも生じる可能性があること(例:契約相手に関する情報)を明確にします。

データ主体が個人データを提供するという契約を締結する必要がある場合があります。個人データは後で処理する必要があります。 たとえば、データ主体は、当社が彼または彼女との契約に署名するときに、当社に個人データを提供する義務を負います。 個人データが提供されていないと、データ主体との契約を締結することができない可能性があります。

個人データがデータ主体から提供される前に、データ主体はいかなる従業員にも連絡しなければなりません。 従業員は、個人データの提供が法律または契約によって要求されているのか、契約の締結に必要であるのか、個人データを提供する義務があるのか​​どうか、および個人データの提供がないことの結果についてデータ主体に明確にします。データ。

15。 自動化された意思決定の存在

責任ある企業として、私たちは自動意思決定またはプロファイリングを使用しません。

このプライバシーポリシーは、プライバシーポリシージェネレータによって生成されています。 外部データ保護役員 と協力して開発された メディア法律家 WBS-LAWから。